【敗者のゲーム】投機・ギャンブルは貧乏への近道【人生に一発逆転は不可能】

③『正義の味方ごっこ』の裏話

今回は、「敗者のゲーム」「投機・ギャンブル」について書いていきます。

前回の記事と真逆の話になります。
参考:【勝者のゲーム】インデックス投資こそ、FIREへの近道【投資の王道】

本記事の結論から言うと、投機・ギャンブルは敗者のゲームであり、貧乏への近道です。
間違っても、FIRE(経済的自立と早期退職)を目指したり、老後に向けた堅実な資産運用をする上で、投機・ギャンブルは選択肢に入れてはいけません。

また、「一発逆転してやる!」と投機・ギャンブルに意気込む人間がいますが、間違いなく愚かな選択です。
そのような思考の人間には認知バイアス(偏見による認識のゆがみ)にかかっており、カモになりやすい非常に危険な状態です。
人生に一発逆転は不可能であり、全くもって再現性がありません。

本記事では、投機・ギャンブルの愚かさについて記載していきます。
『正義の味方ごっこ』の活動を通じ、投資必勝法DVDを販売する悪徳業者を潰した私の視点から解説します。

なお、投資必勝法DVDの存在を信じ騙された若者たちを大勢見てきたこともあり、私は投機・ギャンブルに否定的です。
偏った意見であることをご了承いただき、すべて鵜呑みにしないようお願い致します。
参考:悪徳業者を潰した話

・FIREまたはサイドFIREを達成したい方
・今よりも自由に生きたい方
・老後2000万円問題に不安を抱えている方

必見です。

本記事の構成は、下記目次の通りです。

はじめに:おすすめ書籍(2冊)

本記事の内容について、おすすめ書籍を2冊紹介します。
※前記事と同じ2冊で、投資・資産形成に関しては一貫してこの2冊がおすすめです。

「投資の大原則 人生を豊かにするためのヒント」

「投資必勝法」などの文句に惑わされないために必要な知識をつけるのに最適な本です。
短期的トレード・投機(ギャンブル)は「敗者のゲーム」であり、「勝者のゲーム」とは地味で退屈なものであるという真実を学ぶことが出来ます。

「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」

課題があるという事実と、世界が成長するという事実は両立することを理解できます。
「世界は良くなっている」という事実に気づけば、株式全体に投資するインデックス投資の有意義さが理解でき、投資必勝法などの詐欺やギャンブルに手を出す余地はなくなるです。

是非、この2冊を手に取り、読んでみて下さい。

本記事では、私目線で切り取った情報のみを載せ、アレンジしています。また、他の要約ブログや要約動画も他人のフィルターを通した情報です。

当然のことですが、個人の価値観により、人それぞれ重要な情報は異なります。

自分の頭で考え、自分の人生を生きるためにも、是非手にとって読んでみて下さい。
出来れば、上記2冊の併せ読みをおすすめします。

今後、あなたの取るべき行動が見えてくると思います。

凡人が投機・ギャンブルに手を出し、一発逆転を狙ってはいけない理由3つ

まず、投資と投機(ギャンブル)は全く別のものであると理解しなければなりません。

投資は「元本を守りながら適正な収益を得る行動」であり、株式全体にかけるインデックス投資のようなものであれば再現性があります。
しかし、投機(FXなどの短期トレード、仮想通貨・ビットコインなど)はただの運任せのギャンブルであり、全くもって再現性がありません。

「投資と勘違いした投機」「知識も技術もないままに行う投機」「許容できないリスクを伴う投機」
これらは全て博打であり、堅実な資産形成において避けるべき選択であることは明らかでしょう。

これより、私たち凡人が投機・ギャンブルに手を出し、一発逆転を狙ってはいけない理由を3つ挙げていきます。

そして、それぞれの理由から見えてくる「貧乏人の特徴」も考察し、併記していきます。

『愚かなギャンブラー=貧乏人』という形で表記しますが、愚かなギャンブラーのほとんどが貧乏人であることは紛れのない真実です。
愚かなギャンブラーたち(大量)の犠牲のもとに、ごく一部の運の良い勝者が存在し、勝者の中には詐欺師を含めた『計画的に搾取する人間』も紛れています。

また、一発逆転とは無縁で、ギャンブルにお金を捨てに行くような大金持ちも存在します。
投機・ギャンブルというのは、本来はそのような大金持ちが行うべき娯楽だと私は考えています。

よって、私たち凡人は手を出してはいけないことは明らかです。

しかし、何故か凡人ほど一発逆転を目指して投機・ギャンブルに手を出しがちです。

私は、大勢の詐欺の被害者をこの目で見てきましたが、この現実は大きな問題であると考えています。
被害者の中には、次から次へとやって来る詐欺に騙され続けてしまっている人も居ます。

本記事では、ごく一部の運の良い勝者や詐欺師を含めた『計画的に搾取する人間』、ギャンブルにお金を捨てに行く大金持ちについては詳しく言及することはせず、
大多数の貧乏かつ愚かなギャンブラーについて記載していきます。

投機・ギャンブルは敗者のゲームである

投機・ギャンブルは参加者が搾取される構造である

投機・ギャンブルとは、シンプルに参加者が搾取される構造です。
まずはその真実に目を向ける必要があります。

主な投機・ギャンブルにおける還元率(戻ってくる見込みのお金と、賭けたお金の割合)は下記の通りです。

宝くじ:46%
サッカーくじ(TOTO):50%
競馬、競輪、競艇、オートレース:75%
パチンコ:80−85%

つまり、それぞれに100万円賭けた場合、
宝くじで戻ってくる見込みのお金は46万円、
サッカーくじ(TOTO)で戻ってくる見込みのお金は50万円、
競馬、競輪、競艇、オートレースで戻ってくる見込みのお金は75万円、
パチンコで戻ってくる見込みのお金は80−85万円 ということです。

残りのお金(15ー54万円)は、運営する人間がごっそり持っていきます。
悪く言えば、搾取です。

まず、胴元がこれだけのお金を参加者から搾取しているという現実を知らなければなりません。
結果、参加者トータルにおいてマイナスになる『敗者のゲーム』であることは明らかです。

見ての通り、まさしく「宝くじは愚か者に課せられた税金」であり、相当質の悪いギャンブルであることを理解しなければなりません。

また、愚かなギャンブラーが口を揃えて言う「トータルで勝ってる」が全く当てにならない虚言であるのは、
『続ければ続けるほど上記の還元率に落ち着く』という真実から見ても明らかです。

もし、ビギナーズラックで最初に勝てたとしても、それは決して続きません。

遊びでギャンブルをしてたまたま勝てた場合、欲はかかず勝ち逃げあるのみです。
決して、のめり込んではいけません。

貧乏人の特徴①:仕組みを作る人間に搾取され続ける(カモになる)

上記のようなギャンブルの仕組みから目をそらし、ギャンブルを続けてしまうような人間は、厳しい言葉で言うとカモになる運命です。
日常のありとあらゆることで、仕組みを作る側の人間に搾取され続けます。

日常でも嫌な事から目をそらし、複雑なことを調べようともしないため、
携帯電話も大手キャリアの割高プランを契約したり、つみたてNISAやIDeCoなどの投資非課税制度などを使いこなすことができなかったり、ふるさと納税などの節税対策もできず無駄な税金を払い続ける傾向にあります。

ギャンブルの胴元の搾取を『手数料』と置き換えれば、資産運用の際に銀行窓口や証券窓口の人間に全てを託す行為も同様です。
自分の頭で考え、自分の資産は自分で守らなければなりません。

仕組みから目をそらし、勉強を怠り、理解しなければ、
仕組みを作る人間に搾取され続け、一生高い税金や高い手数料を払い続ける運命です。

ギャンブルの一発逆転劇には再現性が全くない

愚かなギャンブラーたち(大量)の犠牲のもとに存在する、ごく一部の勝者は2種類に分かれます。
『めちゃくちゃ運が良かった人間』と、『相当な策士』です。

前者は、その通りめちゃくちゃ運が良かっただけです。
全くもって再現性がないため、凡人が真似しようものなら奈落の底へ転落する運命です。

当の本人でさえ、同じことを繰り返すことは出来ません。
逆に、ギャンブルを続けることで上記還元率に収束し、損を出し続けることでしょう。

後者を見るときには注意が必要です。その裏にある本質を見抜かなければなりません。
バレないようにイカサマをする人間もいれば、仕組まれたサクラもいることでしょう。
そして、中には詐欺師を含めた『計画的に搾取する人間』も紛れています。

残念ながら、そのような人間が「勝つべくして勝つ」ということは真実です。

ごく一部の勝者が一発逆転しているように見え、その姿に憧れ、真似したくなるかもしれません。
しかし、表面だけに捉われず、本質を見抜かなければなりません。

あなたがイカサマや詐欺まがいの汚い手段に一切頼らず、自らの運に全てを委ねる場合、一発逆転劇は再現するのは相当厳しいということは明らかでしょう。

貧乏人の特徴②:物事の表面しか見ず、本質を理解していない

認知バイアスとも言いますが、
ギャンブルのごく一部の勝者に憧れて一発逆転を狙ってしまうような人間は、本質を理解する力が欠如しています。

物事の表面しか見ることができず、「勝者がなぜ勝てているか」の過程をすっ飛ばしてしまいます。

前述の通り、その過程は『ただの幸運』か『イカサマや詐欺まがいの汚い手段』のどちらかです。

物事の表面しか見ることができず、本質を理解することができない人間は、厳しい人生を送ることとなります。
これはかなり大きな問題で、私の潰した悪徳業者(投資必勝法DVD)の被害者にも、その傾向が見られる人間がいます。

何事にも認知バイアスがかかってしまうこの性質はなかなか矯正することが難しいようで、
投資必勝法DVD以外にも新しい詐欺にハマったり、仮想通貨バブルに惑わされてギャンブルにハマったり、根拠のない情報に踊らされて陰謀論にガチハマりしてしまう傾向があります。
このような人間は、非常に洗脳されやすく、詐欺に遭いやすいので注意です。
このことについては、改めて別記事で詳しく書きたいと思います。
参考:【コロナワクチンは人口削減計画?】陰謀論にハマる人間は、洗脳されやすく詐欺に遭いやすい【認知バイアス】

本質を知らない投機・ギャンブル初心者ほど、
カモにされる

根底に、「自分は特別である」という愚かな心がある

では、なぜこのような敗者のゲームかつ再現性のないギャンブルに手を出してしまうのか?

それは、どこかに『ギャンブル必勝法』『投資必勝法』があると思っているからです。
そして、心のどこかで「自分は特別であるから、必勝法を手にできる」という愚かな心があります。

残念ながら、『ギャンブル必勝法』も『投資必勝法』も存在せず、「自分は特別である」という思いも幻想である可能性が高いです。
頭を冷やし、冷静になりましょう。

イカサマや詐欺まがいの汚い手段を取る計画があり、決定的な勝算・根拠が有れば話は別ですが、
それ以外の場合、「自分は特別である」という愚かな心は捨てなければなりません。

その愚かな心は、詐欺師に狙われるスキマとなります。

貧乏人の特徴③:思考停止し、他力本願で楽をしようとする

自分の脳が意識し、自分の目で見る世界だからと言って、自分が世界の中心であるなどと思ってはいけません。
そのような主人公補正が抜けず、思考停止し、他力本願で楽をしようとする人間が、投資必勝法DVDなどを信じて騙され、貴重なお金を失っていました。

「自分は特別である」という幻想は、うまい話(詐欺話)がやってきたときに冷静さを失わせます。
「自分は特別であるから、必勝法を手にできる」という愚かな心により思考停止し、存在するはずのない投資必勝法に賭けてしまうのです。

なお、『投資必勝法』などの商品を購入する人間の心理には他力本願思考があります。
多くの被害者はその『他力本願』を『挑戦』と履き違えますが、『投資必勝法』などの『他人が作ったモノに賭けること』は挑戦でも何でもありません。
そのような愚かな心も詐欺師につけ込まれます。

他力本願思考は、絶対に成功しない人間の思考です。

何度でも言いますが、『ギャンブル必勝法』も『投資必勝法』も存在せず、「自分は特別である」という思いも幻想である可能性が高いです。
謙虚になり、自分の資産を適切な手段で守らなければなりません。

他力本願思考については、過去記事で詳しく書いています。
参考:【絶対に成功しない人間の特徴】他力本願のくそったれ思考

運任せの愚かなギャンブラーは、貧乏になる

まとめ:投機・ギャンブルは貧乏への近道

以上、投機・ギャンブルの愚かさについて記載してきました。

まとめです。

・はじめに:おすすめ書籍(2冊)
 ①「投資の大原則 人生を豊かにするためのヒント」
 ②「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」

→資産運用を始める際、併せ読みすべき2冊

・凡人が投機・ギャンブルに手を出し、一発逆転を狙ってはいけない理由3つ
 ①投機・ギャンブルは参加者が搾取される構造である
 →貧乏人の特徴①:仕組みを作る人間に搾取され続ける(カモになる)
 ②ギャンブルの一発逆転劇には再現性が全くない
 →貧乏人の特徴②:物事の表面しか見ず、本質を理解していない
 ③根底に、「自分は特別である」という愚かな心がある
 →貧乏人の特徴③:思考停止し、他力本願で楽をしようとする

結論ですが、投機・ギャンブルは敗者のゲームであり、貧乏への近道です。

私の見てきた経験上、
愚かなギャンブラーはカモになりやすく、詐欺に遭いやすく、貧乏になることも伝えました。

間違っても、FIRE(経済的自立と早期退職)を目指したり、老後に向けた堅実な資産運用をする上で、投機・ギャンブルは選択肢に入れてはいけません。
勝者のゲームである、長期つみたてのインデックス投資を行うべきであることは明らかです。

私は、大金持ちになったら投機・ギャンブルを始める予定です。
大金持ちになるまでは身分不相応であるため、手をつけません。

人生に一発逆転は不可能であり、
投機・ギャンブルに手を出すことで余計困窮する可能性が高いです。

先日も、朝からパチンコ屋に並ぶ人たちを目にしました。
なぜか、大金持ちに見える人は一人もおらず、生活に困窮していそうな人ばかりでした。
そのような人間が、少しでも減ることを願っています。

群馬県沼田市

コメント

タイトルとURLをコピーしました