⑥哲学者ごっこ

⑥哲学者ごっこ

【自己啓発本は意味がない】「今ここ」を生き、行動あるのみ【全自己啓発本の答え】

今回は、全ての自己啓発本の答え、『「今ここ」を生きること』について書いていきます。 私は20歳になるまで、全てが中途半端な無気力人間でした。 その当時は自己啓発本をよく読み、「成長した気分」になっていました。 しかし、一切行動することはなく...
⑥哲学者ごっこ

【メメント・モリ(死を想え)】「今ここ」を生き、人生を充実させる思考【死生観】

今回は、『「今ここ」を生き、人生を充実させる思考』について、「メメント・モリ(死を想え)」「死生観」の観点から書いていきます。 メメント・モリ(死を想え)という思考は、「今ここ」を生きる上で非常に大切です。 死や最期について考えることで、充...
⑥哲学者ごっこ

【ドーパミン中毒に注意】「今ここ」を生きることが難しい理由【一時的な快楽vs我慢】

今回は、『「今ここ」を生きることが難しい理由』について書いていきます。 「今ここ」を生きることは、とても大切です。 過去の後悔も、将来への不安も、全て捨て去って「今ここ」にのみ集中する。 人生が豊かになること間違いなしです。 しかし、現代社...
⑥哲学者ごっこ

【マルチタスクから卒業】シングルタスクのメリット【「今ここ」を生きる】

今回は、『シングルタスクで「今ここ」を生きることのメリット』について書いていきます。 私は20歳になるまで、全てが中途半端な無気力人間でした。 マルチタスク人間で、常に雑念に支配され、全てが中途半端でした。 とにかく何もやる気が起きず、何も...
⑥哲学者ごっこ

【マルチタスクは不可能】マルチタスクのデメリットと解決策【仕事が遅い人の特徴】

今回は、「マルチタスクのデメリットと解決策」について書いていきます。 私は20歳になるまで、全てが中途半端な無気力人間でした。 マルチタスク人間で、常に雑念に支配され、全てが中途半端でした。 とにかく何もやる気が起きず、何も行動しないクズで...
⑥哲学者ごっこ

【バタフライエフェクト】理不尽を受け入れる最強の思考法【多世界解釈】

今回は、「バタフライエフェクト(多世界解釈)」について、考えたことを書いていきます。 独断と偏見ですが、バタフライエフェクト(多世界解釈)を前向きに考えることで、どんな理不尽をも受け入れることができ、充実した人生を送ることができます。 ※な...
⑥哲学者ごっこ

【哲学小説】水素爆弾取り消しプロジェクト【バタフライエフェクト・多世界解釈】

今回は、普段とは毛色を変え、哲学をテーマに短い小説を書いてみました。 「バタフライエフェクト」「多世界解釈」に関する内容です。 短くてすぐ読めると思うので、是非最後まで読んでみてください。 〈この記事の対象者〉・FIREやサイドFIREに興...
⑥哲学者ごっこ

【友達の子供にお年玉は迷惑】親族以外にお年玉をあげない理由【お年玉相場】

先日、ムカつくことがあったので書き綴ります。 結論から、「友達の子供」に対するお年玉の相場は「0円」だと思っています。 「友達の子供にお年玉をあげる文化」が日本のどこかに存在するのであれば、一刻も早く消え去って欲しいです。 みなさま、親族以...
⑥哲学者ごっこ

【名付けの重要性】死への恐怖・不安は哲学で解消する【哲学のすすめ】

今回は、「死への恐怖・不安を解消する方法」について書いていきます。 私は物心がついた頃から、「死」が怖くて仕方ありませんでした。 そして、「死」について考え、哲学している時間も恐怖に震えていたため、それは「哲学恐怖症」でもあったと思います。...
⑥哲学者ごっこ

【死恐怖症】幼少期、死と哲学が怖かった理由を探る【哲学恐怖症】

今回は、「死と哲学が恐怖でしかなかった頃の話」について書いていきます。 私は幼少期、重度の「死恐怖症」でした。 それは、「哲学恐怖症」でもあったと思います。 一人で悩み、思考を重ね、自分なりに哲学をしていました。 サイドFIREを達成して自...