⑤科学者ごっこ

⑤科学者ごっこ

【双極性障害は治療すべき?】躁鬱病との共存を目指す【治療しない選択肢】

今回は、「双極性障害は治療すべき?」「躁鬱病との共存を目指す」について書いていきます。 双極性障害(躁鬱病)は誤診が多く、受け入れることが難しい病気です。 その壁を乗り越え、双極性障害(躁鬱病)を受け入れることができた場合、その後に待ち受け...
⑤科学者ごっこ

【双極性障害】躁鬱病を認めて受け入れる方法【自分の強みが病気である苦悩】

今回は、「双極性障害(躁鬱病)を認めて受け入れる方法」について書いていきます。 私は双極性障害(躁鬱病)ですが、双極性障害(躁鬱病)は認めづらく、非常に受け入れがたい病気だと思います。 特に、「躁状態」が「自分の強み」であると思っている人ほ...
⑤科学者ごっこ

【双極性障害の誤診が多い理由】躁鬱病は受け入れが難しい病気【うつ病と混同】

今回は、「双極性障害の誤診が多い理由」「躁鬱病は受け入れが難しい病気」について書いていきます。 私は約4年前に初めて精神科へ行き、「うつ病」と診断されました。 しかし、実際は「双極性障害(躁鬱病)」でした。 双極性障害(躁鬱病)とうつ病の誤...
⑤科学者ごっこ

【本物も自称も】ショートスリーパーが嫌いな理由【天才?嘘つき?】

今回は、「ショートスリーパーが嫌いな理由」について書いていきます。 「本物のショートスリーパー」も、「自称ショートスリーパー」も、私はかなり苦手です。 シンプルに、睡眠はしっかりとるべきだと思っています。 皆さん、もっとしっかり寝ましょう。...
⑤科学者ごっこ

【冬季うつ病】北陸三県は住みやすい?太平洋側から日本海側に移住して後悔した話【日照時間】

今回は、「太平洋側から日本海側に移住して後悔した話」について書いていきます。 私は太平洋側出身で、社会人になってから実家を出て一人暮らしを始めました。「全国どこでも良い」と希望を出した結果、北陸三県に配属され、日本海側で生活をスタートさせま...
⑤科学者ごっこ

【薬学生におすすめの資格】甲種危険物取扱者の独学勉強法&メリット4選【一発合格】

今回は、「甲種危険物取扱者の独学勉強法」と「取得のメリット4選」について書いていきます。 私は薬学部3年生の時に甲種危険物取扱者の資格を取りました。 薬学部の学生(1〜2年生は除く)は甲種危険物取扱者の受験資格を持ちますが、甲種危険物取扱者...
⑤科学者ごっこ

【早期発見が一番】うつ病は、全ての希望を壊す【健康なうちに逃げろ!】

今回は、「うつ病」について書いていきます。 うつ病の診断を受けてから1年が経過しました。 仕事を辞め、うつ病の要因から完全に離れることで、地獄のような状況からは回復しました。 しかし、失われた時間と健康的な感情は戻ってきません。 今も、過去...
②貧乏ごっこ

【巨大観音】巨像恐怖症が選ぶ、怖い巨像ランキング ベスト7【日本国内】

今回は、「巨像恐怖症」「巨大物恐怖症」について書いていきます。 私は幼い頃から、「巨像恐怖症」および「巨大物恐怖症」です。 巨大なもの全般に恐怖を感じ、特に「人の形をした巨大なもの(巨像)」が怖く、その姿を見ただけで手足から発汗し、足がすく...
⑤科学者ごっこ

【セルフメディケーション】市販のはとむぎ(ヨクイニン)でウイルス性イボ(尋常性疣贅)を完治させた話【病院なし】

今回は、「ウイルス性イボ(尋常性疣贅)」の治療経験について書きます。 私は一時期、手足にイボが大量発生して本気で悩みました。しかし、社畜時代だったため病院に行く暇もなく(言い訳)、しばらく放置していました。 放置により悪化の一途を辿っていた...
⑤科学者ごっこ

【音嫌悪症】くしゃみや咳払いに殺意を覚えるミソフォニア【生きづらい】

今回は、「ミソフォニア(音嫌悪症)」について書いていきます。 「音恐怖症」「選択的音感受性症候群」とも呼ばれています。 私自身、25年以上この病気で苦しんでいます。 特定の音に対して非常に敏感となる病気で、私は(特に中高年男性の)くしゃみや...