【マツキヨルーレット:20%オフ】最安でプロテインバーを購入する方法【倹約・節約】

⑤貧乏ごっこ - 2.倹約編

今回は、「最安でプロテインバーを購入する方法」を紹介します。

前の記事で記載したとおり、私はこれまで大量のプロテインバーを購入してきました。
参考:【甘党向けダイエット】おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット【倹約・節約】

結論から言うと、
マツモトキヨシのアプリをダウンロードし、マツキヨルーレットを回して20%オフクーポンをゲットする方法がおそらく最安です。

・プロテインバーを安く購入したい方
・プロテイン置き換えダイエットをしたい方

必見です。

本記事の構成は、下記目次の通りです。

はじめに:マツモトキヨシのアプリについて

全国に1000店舗以上展開する、ドラッグストア、マツモトキヨシ。

マツモトキヨシでお買い物をする際は、アプリがとてもお得です。

まずはアプリをダウンロードしましょう。

『マツキヨルーレット』で20%オフの「B賞」だけを狙う!

アプリ内にはルーレットがあり、
会員登録すれば1日2回までチャレンジすることができます。

ルーレットで当たりが出れば、お得なクーポンがもらえます。

当たるクーポンは「A賞」「B賞」「C賞」の3種類になります。

「A賞」→医薬品15%OFF、化粧品・日用品10%OFF、食品5%OFF
「B賞」→医薬品・健康食品20%OFF
「C賞」→医薬品10%OFF、化粧品・日用品10%OFF、食品5%OFF

プロテインバーを購入する目的であれば、
狙うのは20%オフの「B賞」一択です。

どれくらいの頻度で当たるか?

私はこれまで1年くらい、ほぼ毎日ルーレットを回してきました。

その結果は下記の通りです。
※正確に記録は残しておらず、個人的な感覚です。

「A賞」→これまで1回も当たったことがない!
「B賞」→1週間に1回程度
「C賞」→3日に1回程度

毎日ルーレットをコツコツ回し続ければ、
1週間に1回程度、20%オフクーポンをゲットすることができます。

「B賞」の対象商品は?

B賞の対象商品は「医薬品・健康食品」です。

「健康食品」の対象商品が少し分かりづらいですが、
プロテインバーも対象となります。

プロテインバーのほか、
SOYJOY(ソイジョイ)やクリーム玄米ブラン、こんにゃく畑なども対象になります。

上記商品を頻繁に購入する人にとって、このB賞は最強の味方になります。

B賞(20%オフ)はかなりお得

おすすめの使い方:B賞を使って2週間分程度買い溜め

私はほぼ毎日マツキヨルーレットを回し、
B賞が当たった時にプロテインバーを2週間分程度買い溜めしています。

1週間に1回程度当たりますが、なかなか当たらないこともあるので、余裕を持って購入するようにしています。

また、行く店舗・行く時期によって、各種プロテインバーの価格は大きく変動します。
毎回、何かしら安売りされている商品があります。

私は特定の商品に強いこだわりはないため、
後述のプロテインバー4種類を中心に、その時安売りされているものを買っています。

安売り」×「20%オフ」の効果は絶大です。

これまで、
店頭価格 106〜139円(税込)/1本
20%オフで、84〜111円(税込)/1本
で購入してきました。

1本84円が最安でしたが、ここまでの割引はなかなかありません。

1本111円で購入する時が圧倒的に多いので、
平均すると約110円/1本になります。

B賞を使うとAmazonよりも安い

私の経験上、マツモトキヨシの20%オフ(プロテインバー約110円/1本)が最安です。

Amazonや楽天よりも安定して安いです。
参考に、私のおすすめ商品の比較を下記にまとめておきます。
※2021年10月現在

inバー プロテイン ベイクドチョコ

Amazon価格:124円
エネルギー:211kcal
たんぱく質:15.9g
炭水化物:13.0g

inバープロテイン ベイクドビター

Amazon価格:124円
エネルギー:199kcal
たんぱく質:16.2g
炭水化物:12.8g

1本満足バー プロテインチョコ

Amazon価格:118円
エネルギー:183kcal
たんぱく質 :15g
炭水化物:12.1g 

1本満足バー プロテインヨーグルト

Amazon価格:118円
エネルギー:182kcal
たんぱく質:15g
炭水化物:10.65g 

Amazonでも118円が最安なので、
マツキヨの110円はかなりお得であることが分かります。

そのほかのメリット

マツキヨポイントもdポイントも貯まる

マツモトキヨシでの買い物の際、
dポイントカードを提示すると購入額100円ごとにdポイントが1ポイント貯まります。
さらに、マツキヨポイントカードを同時に提示すると、マツキヨポイントも100円につき1ポイント貯まります。

このポイントW取りにより、合計2%のポイント還元を受けることができるため、
尚更お得となります。

支払いの際にdポイントもマツキヨポイントも使うことができるので、
ポイントは次の買い物の時に使いましょう。

注意点5つ

上記の通りメリットが大きいですが、いくつか注意点もあります。
それぞれについて詳しく説明します。

クーポンの有効期限が48時間と短い

マツキヨルーレットで獲得したクーポンには有効期限があり、
その期限は獲得してから48時間と短いので注意が必要です。

私も「まぁ明日でいいや」と買い物を後回しにし、
クーポンを失効させてしまったことが何度もあります。

「獲得してから」きっちり48時間後が期限終了なので、
その点に注意してください。

例)10月7日 朝7:00に獲得 → 10月9日 朝7:00に失効
 →10月9日の朝7:00以降の買い物には使えない。

ルーレットのチャンスを逃しやすい

マツキヨルーレットのチャレンジは1日2回までです。

しかし、毎日0時にリセットされるシステムではないので注意が必要です。

2回のチャレンジが終わった後、
次にチャレンジできるのは、前回実施から24時間後となります。

なので、非常にチャンスを逃しやすく、実施時間も後ろにズレがちです。

例)10月7日 朝7:00に実施 → 次回は10月8日の朝7:00以降
 →10月8日 朝9:00に実施 → 次回は10月9日の朝9:00以降
 →10月9日 夜8:00に実施 → 次回は10月10日の夜8:00以降

機会損失を防ぐため、アラームを設定することをおすすめします。
私は毎日昼の12時にアラームをかけるようにしています。

タイミングを図ろうとするとストレスとなる

一時期、マツモトキヨシの店頭でプロテインバーの価格を確認しながら、
目当ての商品が安くなっている時を狙ってマツキヨルーレットでB賞を当てようとした時がありました。

しかし、狙って当てることはできず、ストレスがかかるのでおすすめしません。

B賞(20%オフ)があるだけで他店よりも十分安いので、
最安を狙いすぎないようにしましょう。

B賞が当たった時、店頭で一番安いものを買い溜めをすることをおすすめします。

マツキヨのプロテインバーは満足度が低い

マツモトキヨシでは、
プライベートブランドのプロテインバーが安く販売されており、
店頭のプロテインバーの中で最安値になっていることが多いです。

インターネットで税込138円。店頭ではさらに安くなっていることが多い。

私は、何度か試しましたが、満足できませんでした。

このプロテインバーのクオリティが上がれば嬉しいので、
クオリティの向上に期待しています。

プロテインはAmazonの方がお得

プロテインバーはマツモトキヨシの店頭で買うのがお得ですが、
プロテインはAmazonの方がお得です。

↑この商品であれば、20%オフを使ってもAmazonの方が500円くらい安かったです。

20%オフはかなりお得ですが、
全ての商品おいて最安となるわけではないので、
事前に他店と比較することをおすすめします。

プロテインバーはおすすめ

まとめ:最安でプロテインバーを購入する方法

以上、「最安でプロテインバーを購入する方法」についてでした。

まとめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに:マツモトキヨシのアプリについて

『マツキヨルーレット』で20%オフの「B賞」だけを狙う!
 どれくらいの頻度で当たるか?

  →「B賞」は1週間に1回程度
 「B賞」の対象商品は?
  →プロテインバーのほか、SOYJOY(ソイジョイ)やクリーム玄米ブラン、こんにゃく畑なども対象

おすすめの使い方:B賞を使って2週間分程度買い溜め
 →平均で約110円/1本で購入可能

B賞を使うとAmazonよりも安い
 inバー プロテイン ベイクドチョコ : 124円
 inバープロテイン ベイクドビター : 124円
 1本満足バー プロテインチョコ : 118円
 1本満足バー プロテインヨーグルト
 : 118円

そのほかのメリット
 マツキヨポイントもdポイントも貯まる

 →ポイントW取りにより、合計2%のポイント還元

注意点5つ
 ①クーポンの有効期限が48時間と短い
 ②ルーレットのチャンスを逃しやすい
 ③タイミングを図ろうとするとストレスとなる
 ④マツキヨのプロテインバーは満足度が低い
 ⑤プロテインはAmazonの方がお得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マツモトキヨシのマツキヨルーレットB賞(20%オフ)はとてもお得です。

現状、毎日欠かさずチャレンジすれば、1週間に1回程度当てることができるので、比較的手に入れやすいクーポンです。

しかし、このようなお得なサービスはいつ改悪されてもおかしくありません。
特にルーレットのようなシステムはいくらでも操作可能(当たりにくくする 等)だと思います。

このようなお得なサービスは、
お得に使えるうちに使い倒していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました