【甘党向けダイエット】おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット【倹約・節約】

⑤貧乏ごっこ - 2.倹約編

今回は、「おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット」を紹介します。

私はかなりの甘党で、食後の甘いものが欠かせない体質です。

社畜だった約4年前、激務でストレスも重なり、
高カロリーなおやつを毎日欠かさず食べる生活を続けていた結果、
72kg(171cm)まで太ってしまいました。

その時にプロテイン置き換えダイエットを導入した結果、約半年でkgの減量に成功しました。

その後もプロテイン置き換えダイエットを続けていますが、
大きなリバウンドをせず、ずっと65kg前後をキープしています。

※うつ病による食欲減退により、60kgまで痩せてしまった時期あり。

また、出費も減り、倹約・節約にも繋がります。
一石二鳥で
おすすめです。

摂取カロリーを減らすだけなので、
シンプルで再現性が高く、運動も必要としないダイエット方法です。

甘党の方は是非参考にしてください。

・「甘いものを食べながら痩せたい」甘党の方
・シンプルな方法(食事の置き換え)だけで痩せたい方
・プロテインダイエットに興味がある方
・倹約・節約しながらダイエットしたい方

必見です。

本記事の構成は、下記目次の通りです。

はじめに:「甘いものを食べながら痩せたい」甘党のわがまま

私はかなりの甘党で、病的なほどです
昔から食後の甘いおやつが習慣化していました。

菓子パン・チョコ菓子・洋菓子・和菓子など・・・
甘いおやつは全て好きです。
(以降、「甘いおやつ」=菓子パン・チョコ菓子・洋菓子・和菓子などを指します)

毎日部活に明け暮れていた高校時代は太る気配がありませんでしたが、
部活を引退して以降、油断したらすぐ体重が増えるようになりました。

「ヤバイ」と思ったら、集中的に運動・筋トレをしてコントロールしてきましたが、
社会人になってからは多忙とストレスでどうしようもなくなってしまいました。

気付いたら65kg→72kgになっていました。

72kgでもBMI24.6なので、肥満ではありませんでしたが、どうも体が重く、不調でした。
明らかに糖分摂取過多だったと思います。

私にとって、一番体調の良い体重は65kg前後だったので、
7kg減量を目標にダイエットを決意しました。

甘いものを断ち、我慢することを試した時期もありましたが、
逆にストレスがかかり、ダメでした。
反動で爆食いしてしまう可能性もあり、危険でした。

そして、
試行錯誤する中、
「甘いものを食べながら痩せたい」甘党のわがままを叶える方法を見つけました。

それが、
「おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット」です。

甘いものを食べながら痩せることを目指す

おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット

私が行っている「おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット」について解説します。
シンブルに、過剰な摂取カロリーを抑えるだけです。

「甘いおやつ」が食べたくなった時、買いだめしている「プロテインバー」を食べます。

代表的な甘いおやつ

まず、甘いおやつ(=菓子パン・チョコ菓子・洋菓子・和菓子など)の代表的なものを紹介します。

菓子パン代表:ミニスナックゴールド

これをトースターで焼くとめちゃくちゃ美味しい。菓子パンの中で一番美味しいが、あり得ないほど高カロリー。

価格:約120円
エネルギー:556kcal
たんぱく質:9.0g
炭水化物:62.4g 

チョコ菓子代表:たけのこの里

私は圧倒的たけのこ派。めちゃくちゃ美味しいが、高い割に一瞬でなくなってしまうのが難点。

価格:約200円
エネルギー:383kcal
たんぱく質 :5.5g
炭水化物:38.9g

洋菓子代表:セブンイレブン ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー

差し入れで貰うことが多く、自分でも買うようになってしまった。ケーキは高いので、シュークリームで我慢することが多い。

価格:151円
エネルギー:342kcal
たんぱく質:6.4g
炭水化物:25.3g

和菓子代表:セブンイレブン 黒糖かりんとう

高いだけあって、とても美味しい。100円のかりんとうとは大違い。カロリーがやばいが、一瞬で全て食べてしまう。

価格:192円
エネルギー:510kcal
たんぱく質:5.6g
炭水化物:64.0g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記ような甘いおやつを、1日に3回程度食べていました。
菓子パンもチョコ菓子も洋菓子も和菓子も全て平等に大好きなので、順番に食べていたイメージです。

あくまで参考ですが、
甘いおやつ(上記4商品)の栄養価の平均値は下記の通りです。

価格:約165.8円
エネルギー:448kcal
たんぱく質:6.6g
炭水化物:47.7g

1回の甘いおやつで、約448kcalを摂取していたこととなります。
そりゃ、体重も増え、体調も悪くなるはずです・・・。

これでは完全に摂取カロリー過多なので、これをコントロールすることで減量を目指します。

プロテインバー

次の記事で詳しく紹介しますが、私はマツモトキヨシでプロテインバーをまとめ買いしています。最安(約110円/1本)で購入する方法を記載するので、ご確認下さい。
参考:【マツキヨルーレット】20%オフでプロテインバーを購入する方法【おやつ置き換えダイエット&倹約】

数多くのプロテインバーを試しましたが、現在は下記4種類に落ち着きました。
この4種類は超おすすめです。

inバー プロテイン ベイクドチョコ

価格:約110円
エネルギー:211kcal
たんぱく質:15.9g
炭水化物:13.0g

inバープロテイン ベイクドビター

価格:約110円
エネルギー:199kcal
たんぱく質:16.2g
炭水化物:12.8g

1本満足バー プロテインチョコ

価格:約110円
エネルギー:183kcal
たんぱく質 :15g
炭水化物:12.1g 

1本満足バー プロテインヨーグルト

価格:約110円
エネルギー:182kcal
たんぱく質:15g
炭水化物:10.65g 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロテインバー上記4商品の栄養価の平均値は下記の通りです。

価格:約110円
熱量:194kcal
たんぱく質:15g
炭水化物:12.13g

1回の置き換え効果

甘いおやつ → プロテインバー

価格:約165.8円 → 約110円
エネルギー:448kcal → 194kcal
たんぱく質:6.6g → 15g
炭水化物:47.7g → 12.13g

1回の置き換えにつき、254kcalの大幅削減効果があります。

この置き換えを積み重ねていけば、運動しなくても体重が減ること間違いなしです。

そして、1回の置き換えにつき約56円も節約できることとなります。
減量しながら節約もできるため、まさに一石二鳥です。

ルールは2つだけ!

自分に合う、「無理なく置き換え可能なもの」を探す

1回の甘いおやつを満足に置き換え可能なものを探す必要があります。
満足できないもので置き換えると、追加で余計なものを食べてしまったりして逆効果になる可能性があります。

私に合ったのは、上記4種のプロテインバーでした。

ここに落ち着くまで、市販されている数多くのプロテインバーを試しました。

上記4種のプロテインバーならどれも満足でしたが、
満足に置き換えできないプロテインバーやその他商品が多数ありました。

プロテインバーで言うと、
inバープロテイン ウェファーバニラなどのウエハース系では厳しかったです。

△:inバープロテイン ウェファーバニラ

価格:約110円
エネルギー:195kcal
たんぱく質:10.3g
炭水化物:13.1g

スカスカなので、食べ応えが足りない。
1本では満足できず、一度に2本食べてしまったことがあり、それではダイエット効果も倹約効果も薄いので、却下としました。

プロテインバー以外の商品で言うと、
SOYJOY(ソイジョイ)などでは厳しかったです。

×:ソイジョイ ブルーベリー

価格:約85円
エネルギー:134kcal
たんぱく質:4g
炭水化物:15.2g

小さくて圧倒的に食べ応えが足りない。1回の置き換えに3本は必要なレベル。
味も、ブルーベリー以外はあまり好きじゃない。甘さも足りない。

※あくまで、私個人の感想です。
個人の好みの問題になりますので、いろいろな商品を試し、無理なく置き換え可能なプロテインバー等を見つけることが大切です。

もしソイジョイ1本で置き換え可能な人が居たら、すごく羨ましいです。
ソイジョイで置き換え可能なら、ダイエット効果も倹約効果も物凄く大きくなります。

甘いおやつの90%をプロテインバーに置き換える

自分にとっての「無理なく置き換え可能なもの」を探しました。
プロテインバーは甘くて美味しいく、満足感があります。

しかし、
全て置き換えるのはかなり難しいです。

どうしても甘いおやつが食べたくなる時があります。
菓子パンもチョコ菓子も洋菓子も和菓子も、ずっと我慢することはできません。

そこで、甘いおやつの90%をプロテインバーに置き換えることをおすすめします。

私は週に2回程度、「プロテインバー以外の甘いもの」がどうしても食べたくなるので、その時に我慢せず食べています。

1回の置き換えで254kcalの大幅削減効果があります。
10回に1回くらい(3〜4日に1回くらい)は甘いおやつを我慢せずに食べても全く問題ありません。

このゆとりが継続の鍵です。
また、あまり厳しく決めすぎるのは継続の妨げになるので、ルールはゆるくすることをおすすめします。

甘いおやつの代わりに、プロテインバーを食べるが、無理はしない

プロテイン置き換えダイエットのメリット

無理なく続けられる

自分にとって「無理なく置き換え可能なもの」を探すことができれば、継続が非常に楽です。

また、10回に1回くらいは息抜きで甘いおやつも食べることができると思えば、さらに無理がなくなります。

継続のため、置き換えによる効果を試算するのもおすすめです。
私のように「1回の置き換えにつき、254kcalの大削減ができる!」とイメージできるとモチベーションも上がります。

筋トレの動機になる

プロテインバーを摂取することで、摂取するたんぱく質を生かしたくなり、筋トレをしたくなります。
もったいない精神が強い人ほど、そう思うと思います。

私は2日に1回の筋トレが習慣化しました。

筋トレが習慣化すれば基礎代謝も上がり、さらに太りにくい体質になります。

まとめ:プロテインバー置き換えダイエットは一石二鳥(減量&節約)

以上、「おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット」を紹介しました。

まとめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに:「甘いものを食べながら痩せたい」甘党のわがまま
 →甘党のわがままを叶えるダイエット方法

おやつをプロテインバーに置き換えるダイエット
 代表的な甘いおやつ
  ①菓子パン代表:ミニスナックゴールド
  ②チョコ菓子代表:たけのこの里
  ③洋菓子代表:セブンイレブン ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー
  ④和菓子代表:セブンイレブン 黒糖かりんとう
 プロテインバー
  ①inバー プロテイン ベイクドチョコ
  ②inバープロテイン ベイクドビター
  ③1本満足バー プロテインチョコ
  ④1本満足バー プロテインヨーグルト
 1回の置き換え効果
  →約254kcalの大幅削減効果
   +約56円の節約

ルールは2つだけ!
 自分に合う、「無理なく置き換え可能なもの」を探す
  △:inバープロテイン ウェファーバニラ
  ×:ソイジョイ ブルーベリー
 甘いおやつの90%をプロテインバーに置き換える
  →10回に1回は我慢せず、甘いおやつを食べる

プロテイン置き換えダイエットのメリット
 無理なく続けられる
 筋トレの動機になる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロテインバー置き換えダイエットは、
無理なく減量効果が得られ、
倹約・節約もできる一石二鳥のダイエット法です。

甘党の人に超おすすめなので、ぜひ試してみてください。

次の記事では、お得なプロテインバーの購入方法を紹介します。
参考:【マツキヨルーレット】20%オフでプロテインバーを購入する方法【おやつ置き換えダイエット&倹約】

コメント

タイトルとURLをコピーしました