第一章:人生初の詐欺の勧誘被害、地獄の始まり

①悪徳業者を潰した話

2021.5.21追記 Youtubeに動画をアップしました。

【投資必勝法DVD/悪徳業者を潰した話】第一章:人生初の詐欺の勧誘被害、地獄の始まり【全8話】

〈登場人物〉
ゆるせいぎ(私):薬学部2年生。取り柄のない冴えない人間。友達も少なく、頻繁に連絡を取る中学時代の友人は佐々木だけ。
佐々木:慶應大学文系2年生。小中学校が一緒で親友。リア充でフットワークが非常に軽い。
湯川:日本大学理系2年生。小中学校が一緒で、常にクラスの中心人物。リア充で中学時代は一番人望が厚かった。
田中:上智大学理系2年生。小中学校が一緒だが、全く接点なし。(痛い)意識高い系。人望は薄いが、本人は気付いておらず、むしろ勘違いしている。
金田:東京農工大学2年生。中学校が一緒だが、あまり接点なし。冴えない陰キャラ。悪徳業者での活動が生きる希望となってしまう。
田代:東京理科大学2年生、(痛い)意識高い系。市内の別の中学校出身。佐々木・田中と同じ塾に通っていた。特技:高級時計をチラチラ見せつける、どや顔。
啓太:悪徳業者の代表、日本大学出身、24歳、猿顔。

※被害者のプライバシーを守るため、一部人物名や地名、ストーリーを変更しておりますが、
全て実際にあった出来事に基づいています。

2010.9.21
17:00 大学からの帰宅途中、小中学校が同じで、親友である佐々木から電話を受ける。

佐々木「よー、久しぶり!2ヶ月くらい会ってないけど、最近どうよ?今一人?」
ゆるせいぎ「まぁー、いつも通り、普通だよ。一人だけど、どうした?」
佐々木「最近凄い人に出会ってさー、世界観が変わったんだ!ケイタさんっていうんだけど、その道では物凄く有名で、その道では知らない人はいないんだよね!」
ゆるせいぎ「もしかして、鈴木啓太(サッカー選手)!?」
佐々木「漢字は一緒だけど、違うわ!スポーツ関係じゃないけど、同じくらい凄い人だよ!」
ゆるせいぎ「じゃあ誰だよ!笑 その道ってどんな道だよ笑」
佐々木「それは会ってからのお楽しみ!マジで世界観変わるから!啓太さんはめっちゃ忙しいんだけど、お前のためなら会う時間作ってくれるって言うし、最短で空いてる日をいくつか教えてくれない?」
ゆるせいぎ「そうだな、、、26日は丸々空いてるよ。他は全部予定入ってる。」
佐々木「オッケー!じゃあ26日は絶対に空けといて!この話は、お前だけ特別にしてる話だから!絶対に他の人には言わないでくれ!」

『佐々木のことだから本当に凄い人かもしれない(佐々木はリア充で行動力があり、顔も広いので十分にあり得た)』という期待があったため、ちょうど空いていた日程を伝え、会うことに。

しかし、
いくら聞いても目的を教えてくれない事から詐欺かもしれないという不安で、半信半疑。
『啓太』という名前も出て、とにかく怪しいにおいがしたため、疑いの方が強かった。

帰宅後、インターネットで詐欺やマルチ商法(合法)について検索してみると、やっぱり怪しい。

急な連絡、目的を告げない、1人で呼び出されるという点がかなり気に掛かった。
それでも、『佐々木に限ってそんな事はない』と信じたい気持ちが強く、
もし詐欺であっても佐々木がやっていることを全て知りたいという思いから、
ドタキャンはせずに会いに行くことに決めた。

2010.9.25
会う前日。
佐々木にメールをしても、やはり詳細は教えてくれない。
持っていくべきものを聞くと、『筆記用具と強い気持ちだけ!』と返信があった。
本当に凄い人と会える可能性を信じ、一応デジカメも用意した。

同時に、詐欺だった場合に備えて作戦を立てる。
詐欺の常套手口、マルチ商法(合法)の勧誘の流れを簡単に頭に入れ、準備。
もし詐欺やマルチ商法であったら、逆に佐々木を騙して全てを聞き出す作戦で行くことを決める。

2010.9.26
当日。9:30新宿駅東口集合。
待ち合わせのカフェに行くということで、佐々木に付いていく。

佐々木「投資って興味ある?俺も先月、田中に教えてもらったんだけど、まじで世界観が変わってさ、、、とりあえず今日は超忙しい啓太さんに少しだけ時間をもらえたから、お前は本当にラッキーだよ!」

集合後すぐに佐々木の口から『投資』という言葉。
しかも、(痛い)意識高い系である田中から受けた話とのこと。
絶望、萎える。

興味があるフリをし、話を聞く。
佐々木は8月頃に田中から勧誘を受け、啓太の話を聞き、投資をはじめたという。
佐々木の顔色を伺うも、佐々木はいたって真剣。

佐々木「啓太さんには本当に無理言って来てもらえるから、失礼の無いように頼むぞ!」

いや、、、こんな勧誘をして俺に失礼だと思わないのか、、、
ここで本日はデジカメの出番がないと悟る。

今日のミッションは、
『とことん騙された演技をし、悪徳組織の内部情報を聞き出すこと』となった。

ルノアールへ案内される。

喫茶室ルノアール(※後日、別店舗で撮影) 

人生初のルノアール。
普通の大学生には無縁のカフェで、アウェー感がハンパない。
別の席では怪しい勧誘のようなものが行われており、数分後の自分の未来に見え、ドキドキする。
ただのアイスコーヒーが600円で、価格設定に驚愕。

啓太が来るまで30分ほど待たされ、2人で将来の話をしていた。
佐々木は執拗に直近二か月間の心境の変化をアピールしていた。
ここでも詳細は教えてくれず、焦らされる。
「とにかく啓太さんはすごい」「世界が変わった」としか言わない。
この時点では単純な投資詐欺か自己啓発セミナー関連の詐欺ではないかと想像していた。

とにかくどんな人・どんな話が来るか気になっていたため、
啓太を待つ時間がとてつもなく長く感じた。

そして、ついに啓太が登場。

高級であろうスーツを着ているが、猿顔なので全く似合っておらず、台無し。
めちゃくちゃ胡散臭い。
『佐々木はこんな猿に騙されたのか、、、』とショックだった。

最初は雑談。
大学生活の話→昨年行った免許合宿の話→将来の話をした。

啓太「俺は日本大学っていう『ザ・普通の大学』に入学して、普通の人間の人生をおくるのが嫌になった。就活をしても、ショボい面接官やショボい先輩社員が自分の未来って思うとゾッとした。きみの父親は会社員?お父さんみたいな、つまらない一般人の未来は嫌だと思わない?」

啓太「きみが取得しようとしている薬剤師という国家資格も、日本が破綻したら終わりだ。国に依存してるようじゃ、本当の意味で生きているとは言えない。」

啓太「サラリーマンで真面目に働くということは、命とも呼べる時間を削り、生涯賃金2億円を得ているだけ。資本主義の性質上、経営者側が常に勝ち組で、従業員であることは負け組だ。システムを作る人間が、その他大勢から搾取する構図になってる。そういうの知ってる?」

啓太「サラリーマンで『与えられる財布』だけじゃダメだ。自分で稼ぎにいく財布、金を働かせて得られる財布も必要だと思わないか?」

雑談でもいちいちマウントを取り、人をイラつかせる天才だと思った。
まぁ、猿なので説得力が全くない。
この時には佐々木を救いたいという気持ちはほとんどなく、
こんな猿の手下になり、騙そうとしてきた佐々木がとにかく物凄く憎かった。

そして、少しずつ本題に移っていく。

啓太「このままいわゆる『普通の人生』を送る場合、生涯年収と必要経費に4000万円の乖離が生まれる。4000万円足りなくなってしまう。その不足する4000万円をどうやって生み出していくか、俺は本気で考え、答えを見つけた。」

啓太「野村証券に天才トレーダーの石井さんっていう方がいて、のちにモルガン・スタンレーにヘッドハンティングされるほどの天才。俺は人脈が広いからその人とつながりがあって、直接投資の勉強をさせてもらっている。そして、『普通の人生』から脱却することができた。」

啓太「その石井さんが開発したのがこれ(嘘にしか見えない投資パフォーマンス表を取り出す)。日経225っていう銘柄選びのない簡単な取引なんだけど、これが過去の実績・パフォーマンスね。石井さんが開発したCME、HY、DTL、FKっていう4つのシステム(投資手法)があるんだけど、全てにおいて毎年二桁%以上で勝ち続けてることがわかるでしょ?これで将来不足する4000万円は余裕で勝ち取れる。」

啓太「俺はこの知識を優秀な若者だけに共有したくて、石井さんに無理を言って、200人限定でDVDを販売させてもらう許可を得たんだ。それで、佐々木もそれをすでに買っている。」

啓太「ただDVDを買って見てもらうだけじゃない。俺たちは優秀な人材だけで最強の組織を作り、一生の人脈を作っていく。だから、各自がやりたいビジネスを起業できるように定期的に勉強会もやる。各自が強みを生かした会社を持って、将来的にお互いにビジネスパートナーになったら最高でしょ?参宮橋のオリンピックセンターを借りて、毎週セミナーを開いている。会員だけが参加できて、セミナー自体は無料で受けられる。場所代だけ、みんなに1回300円ずつもらってる。」

啓太「あとは、芸能人との繋がりもあって、クラブパーティーやクルージングパーティーも開催してる。その時は高級リムジンを用意して移動するから、『一般人』から注目されるし気持ちが良いよ。これはモチベーションが高まるって好評だし、俺たちはこういう遊びも忘れない。もちろん特別な存在である会員しか参加できない。」

本気でヤバいやつだった。徐々に相槌すら打てなくなっていく。
これだったら、アムウェイの方が良かった。
おそるおそる、一番気になる価格を聞き出す。

ゆるせいぎ「それで、DVDの値段はいくらなんですか?」
啓太「DVDの知識だけじゃなくて、一生の人脈作りができて、セミナー・パーティーへの参加権とかも全てコミコミで・・・本来であれば、400万円。」
啓太「・・・でも、いくら将来可能性がある若者だといっても、今は若いし払えるわけないでしょ。石井さんに無理を言って、56万円まで下げてもらった。特別な200人のための限定だから実現できた。これから実際に活動してる佐々木の話も聞いて、得られるメリットの大きさを理解すれば、冷静に判断できると思う。」

頭がついてこない。
途中何度も佐々木の顔色を伺うも、ずっと真剣な顔をしている。
目がキラキラ輝いており、一点の曇りもなく信用している様子。

俺と一緒になって話を聞き、「へぇー•••!(感嘆)」と相槌を打つ佐々木。
啓太の機嫌を取るかのように、たまにメモも取ってる。
「お前はこの話を聞くの、初めてじゃないだろ」とツッコみたくなる。
こういうところは昔から憎めない。

組織名はあの天才投資家 ウォーレンバフェットにあやかり、
『WARREN』というらしい(※のちに『NINE』へ改名する)。
ウォーレンバフェットへの侮辱だ。謝れ。

とにかく今すぐには説得出来ないだろうと確信し、絶望した。
同時に、投資必勝法DVDの販売という想定外のモノであったため、
違法性を突いたり詐欺だと断定するのが非常に難しく厄介だと感じた。

話が終わり、啓太が席に残り、俺等が席を外す。

退席の時に「これは回収するわ」と啓太が1枚のルーズリーフ(内部情報の記載あり)を回収。
簡単な説明に使ったルーズリーフだけ、手元に残された。

システムのパフォーマンスは『極秘』ということで、チラ見しかさせてもらえず、
とっくに片付けられていた。
ますます怪しい。

啓太が佐々木に1000円を渡し、残りは佐々木が会計。
佐々木「1000円を1円のように軽々しく払える啓太さんスゲーな、、、さすがだわ!」
・・・呆れる。

ルノアールを出る。
いつもよりも日光が眩しい。
まるで、胸糞映画を見て、映画館から出た時のような気分だった。
数年前に見た映画『ミスト』を思い出す。
※個人的には大好きな映画です。おすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミスト [ トーマス・ジェーン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/2/15時点)


佐々木「今、ちょうど新宿に、田代っていう凄い稼げてるやつがいるんだけど、もう少し詳しい話を聞かないか?俺も田中に誘われて、田代にもいろいろ話を聞いてWARRENに入ったんだ。同級生なのにめっちゃ稼いでるんだ。」

『たまたまこの辺に居る』内部者に会わせたいという。
啓太の話を聞いている時から会計まで、佐々木の様子をずっと伺っていたが、スマホを開くことは一度もなかった。
事前に仕組まれていることは明らかだった。

宣戦布告された。
今日一日はとことん付き合って、逆に佐々木を騙してやろうと決意した。

田代→金田→田中→佐々木 の順で勧誘が連鎖していることを聞き出した。

この時点で分かっている組織図は下記のとおり。

※全貌がまるで見えない

第二章:詐欺の常套手口、新規詐欺に対する絶望 へ続く

石川県輪島市

コメント

タイトルとURLをコピーしました